久方ぶりです

どうも、花男です、久方ぶりです。当方は本業の方が年末モード突入で大忙しですが、皆様はどうお過ごしでしょうか。

商品先物市場は、12月に入ってから大相場に突入した模様ですが、当方は既に年内休業状態なので、指をくわえてみているだけといった感じです。

もっとも参入したらしたで、おおヤラレした可能性も大きいのですが……。期先のガスクラックが16000円以上を超えた時点で「売りだ!」と思ったのですが、それを平気で3000も上回りましたからね。

貴金属に関しても、12月以前から強気方針でしたが、キチンと手仕舞えたかどうかも疑問です。

今は6月からの売買譜を再検証していますが、なんと言うか、6・7月は我ながら稚拙な売買をしていたんだなあと思うことしきりです。

自分が理想としている売買に一番近かったのが10・11月ですね。10月はどちらかといったらヤラレた月だったのですが、それでも翌月の高パフォーマンスつなげることができたので、手法としては間違っていなかったと思っています。

じゃあその2ヶ月間の売買は満点だったのかといったらもちろんそうではないんですけど……。

下手な売買譜を分析して、自己嫌悪に陥るたびに、一番理想的な売買をしているのは、何もしていない今月かなあとさえ思ってきますw。

でも、まじめな話、常にマーケットに参加しているよりは、目標としている月間パフォーマンスをたたき出したら、一旦身を引くことは重要な気がします。そしてそれは休業中の今だからこそ、言えるようになった言葉でもあります。

身相応な売買手法を身に付けなければなあと切に思う今日この頃です。
[PR]
by futuresjpn | 2005-12-18 21:52 | 商品先物
11/30の取引:金ロング手仕... >>